2014年09月21日

移り行く季節 


〜♪〜 被災地の保護犬“ちび”から生まれた“とち♪”のつぶやき 〜♪〜


L8520757.JPG

名 前:とち♪
出生地:福島県動物救護本部第一シェルター飯野
誕生日:2012年11月8日
性 別:女の子
犬 種:和犬ミックス
趣味等:里帰りお供、自由気まま、ネーキッド




みなさ〜ん、こんにちは!保育園卒業生の“とち♪”で〜するんるん


9月に入り稲穂を揺らす風に秋の気配を感じる三春町かわいい

実はここ三春シェルターは9月末日で業務が終了となり
閉鎖することになりました

今回はいよいよ閉鎖が近づいてきたシェルターの様子を    
ご報告いたしますカメラひらめき
     


■付近の様子

DSC05517.JPG

朝から土砂降りの雨で水かさが増した川雨


DSC05514.JPG

DSC05516.JPG

田んぼの見張り番、ちょっと不気味な案山子さん
お散歩中、ワタシ♪はギクッとしましたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)


DSC05535.JPG

雨が上がり、夏の名残りのひまわりが輝いて見えますかわいい
夏も終わりなんだな〜と感傷的になるワタシ♪でしたたらーっ(汗)




■みんなとのお散歩

DSC05545.JPG

タロウ君(右)とクーちゃん


DSC05542.JPG

クーちゃんとフジタマ(右)


DSC05571.JPG

DSC05567.JPG

ごっちゃんも混ざってオスワリでおやつ待ち
もうみんなお手のもんだね犬手(チョキ)


DSC05557.JPG

みんなを見守るフジタマ
この後、タロウくんは3年半振りに飼い主さんの元へ手(チョキ)
そしてフジタマも新潟の新しい飼い主さんの元へ揺れるハート
   



■ハウストレーニング

DSC05494.JPG

DSC05498.JPG

DSC05499.JPG

DSC05497.JPG

やんちゃなガブくんもハウスはバッチリグッド(上向き矢印)
開所当時からスタッフの愛情を受けてきたガブくん
この後、東京の新しい飼い主さんの元へいきましたひらめき
   

DSC05479.JPG

DSC05485.JPG

DSC05491.JPG

DSC05489.JPG

こちらはごっちゃん
ごっちゃんもおやつに釣られて入れましたグッド(上向き矢印)
「よくできたね〜上手だね〜」わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
ごっちゃんはマッチング待ちですぴかぴか(新しい)




■お迎えを待つ仲間たち

DSC05528.JPG

ゴンちゃん(手前)とボンちゃん
しっかりトレーニングしておこうねexclamation


DSC05463.JPG

もう待ちきれない様子のミチュどんっ(衝撃)
ブラッシングもそこそこに遊びたいのですぴかぴか(新しい)
ワタシ♪に似ているともっぱらの噂でした
もしかして叔母(伯母)さんなの?


DSC05525.JPG

ぼくのブラッシングはまだなの?
「早くお願いね」と言わんばかりのコロちゃんexclamation&question


DSC05519.JPG

お散歩後、食事までの時間を部屋でくつろぐ
ポインターのジョン犬眠い(睡眠)




■猫舎の様子

DSC05618.JPG

大好きなスタッフUさんと猫たち猫


DSC05644.JPG

DSC05640.JPG

それぞれの猫ハウスでくつろいでいるところです家
    

DSC05636.JPG

爪とぎ板を仲良く共有中ですハートたち(複数ハート)




■ミルクちゃんとの再会

DSC05603.JPG

DSC05589.JPG

「お帰りとち♪〜」とミルクちゃん
「ただいま〜」とワタシ♪
至福の時の始まりはじまり〜ぴかぴか(新しい)
     

DSC05590.JPG

ミルクちゃんの家の先住犬”楓くん”も一緒に来たよわーい(嬉しい顔)


DSC05606.JPG

次はいつ逢える?
また近いうちにねるんるん




9月19日現在の収容頭数は犬9頭、猫44頭です犬猫
そのうち犬2頭、猫25頭が新しい家族を待っています揺れるハート



2011年3月11日発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所の事故後
福島市飯野町「第一シェルター」と田村郡三春町「第二シェルター」には
一時1,000頭以上の犬猫が保護されていましたが、獣医先生はじめスタッフ
ボランティア、家族として受け入れてくださった里親のみなさんの努力と協力のもと
2014年9月末日で無事シェルターが閉鎖することになりました

残された犬猫は引続き新しい家族に出逢えるよう対応してもらえるそうです
詳しくは福島県動物救護本部のホームページをご覧ください
    


という訳で、飯野出身のワタシ♪のボランティアお供もこれで終了でするんるん
三春に通い続けたママたちにとってシェルター閉鎖は
嬉しくもあり寂しくもありと心中複雑な想いのようですあせあせ(飛び散る汗)

次回、里帰りの際はその後の様子などご報告できたらと思いますカメラひらめき

最後の一頭まで早く幸せが訪れますように揺れるハート
福島の復興と先生はじめスタッフのみなさん、福島のみなさんの健康を
お祈りしながら帰路についたワタシ♪でするんるん
         


■今宵の月は…

DSC05653.JPG

どこにいても同じ月を見上げることはできるよねるんるん
みんなにたくさんの幸せがありますように揺れるハート揺れるハート    




posted by oreoreo at 09:44| Comment(0) | とち♪ログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: