2014年02月23日

大規模災害に備える〜愛犬にしてあげられること〜


先週の金曜日は動物取扱責任者研修のため
保育園は臨時休園でしたかわいい



研修の中で、大規模災害への備えについて
東日本大震災等の経験も踏まえての発表がありましたので
皆様にもお伝えしますね。




災害はある日突然やってきます。

自然の猛威の前になす術もないこともありますが
そんな中でも備えがあれば少しでも被害を減らすことはできます。


まずは自分の命を守ること、家族の安全を確認すること
家族の中には大切なペットも含まれています犬猫
可能な限り同行避難することを考えてあげてくださいね。




災害の備えと聞いてまず思い浮かぶのは避難グッズの準備だと思います。
水、フード、ペットシーツ、薬、食器、キャリーバッグ、リードなど・・・


これに、マジックとガムテープも是非加えて下さい。
やむを得ずペットを残して避難する場合、迎えにきます(予定の日付を入れることがポイントです)、
給餌、給水をお願いします、保護して下さい、などのメッセージを残していくことができます。
 ※災害時は保護団体よりも窃盗団が早く到着することがあります。メッセージは家の外ではなく
  ペットのそばに残しましょう。

また、避難所で人と動物が離れて滞在しなければならないとき
飼い主がどこにいるかを記すことができますので何かの時に連絡が取れます。
間違って保護されてしまうことも防げます。


薬を常用している場合は、その薬の名前や用量を控えておいてください。
検査機器もない状況では、ただ白い錠剤などの表現では投薬することができません。


携帯電話は比較的身につけていることが多いものです。
ペットの写真が入っていれば(たいていの人はたくさん入ってますよね揺れるハート
迷子になってしまって探すときに役立ちます。
犬種や名前の他に、首輪の色や模様、他にその子の特徴的なことを
伝えるようにするとみつかりやすくなります。


災害時、避難所での慣れない生活が長引くことによって
動物も精神的なストレスを受けます。
実際、災害での怪我もさることながらその後の避難生活での
嘔吐、下痢、食欲不振などの症例が多数報告されています。

いつも食べ慣れているフードの他に
少しでも嗜好性が良く水分補給もできるウェットフードなども
役立つかもしれません。





さて、災害の備えとして物の準備についてお伝えしましたが
他にも日頃から飼い主さんがペットのためにしてあげられることがあります。



そのひとつが“しつけ”です。



特に重要なのがハウストレーニングですひらめき


避難生活では、長期間クレートやケージでの生活を強いられることになります。
普段そういうものに入ったことがない子にとっては大変なストレスです。
日頃からクレートで寝たり、休んだりしている子なら
知らない場所でも愛用のクレートがあれば安心していられますし
たとえ自分のクレートではなくても、さほどストレスは感じないはずです。

飼い主さんの留守中に地震がきたとき
咄嗟にクレートの中に逃げ込んでくれたら、落下物から身を守ることができます。

いざ逃げようとしたときにもすぐに入ってくれたら、逃げ遅れることがなく
安全に避難できます。


クレートは安心できる場所、大好きな場所
居心地良く楽しい経験と結び付けて、そんなふうに覚えさせてあげてくださいぴかぴか(新しい)



保育園では、毎回必ず2時間のお昼寝の時間があります。
この時間は例え眠くなくても絶対にクレートに入っていなければなりません。
最初は吠えたり鳴いたり暴れたりていた子も
しばらく練習するうちに必ずおとなしく入っていられるようになります。
できなかった子はいません。必ず、できますよわーい(嬉しい顔)





もうひとつ、とてもとても大切なことは、社会性を身につけさせることひらめき



何といっても、人を見て駆け寄ってくる子は保護されやすいのです。
逆に威嚇や攻撃をしてきたり、陰に逃げこんだりでは保護することができません。


避難生活においても、常にぶるぶる震えていてはストレスになりますし
吠え続けるようでは周りの人に受け入れてもらえません。



社会化に最も適した時期というのは動物種によって異なりますが
犬の場合は生後3か月までのほんの短い期間です。

その時期を逃さず様々な経験をさせて慣らしてあげることが最も重要ですが
3か月を過ぎてもまだまだ心身ともに不安定、1歳までは続ける必要があると思っています。
逆に言うと、1歳まではまだ間に合うということです。

1歳を過ぎると、新しいものを受け入れることがかなり難しくなってくるのは確かです。

でも、私たちは1歳を過ぎても恐怖を克服し人や他の犬と過ごすことができるようになった子たちを
見てきていますぴかぴか(新しい)


諦めなければ可能性はなくなりませんわーい(嬉しい顔)



社会化としつけ

これは、飼い主さんからの愛情のこもったプレゼントだと思いますプレゼントハートたち(複数ハート)







犬の保育園Preseaについてはコチラから!!



ポチッとお願いします✿
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村



posted by oreoreo at 17:52| Comment(0) | マメ知識

2013年05月01日

狂犬病のおはなし


今週は保育園はお休みですかわいい

みんな、どんな休日を過ごしているのかなぁ・・・ぴかぴか(新しい)



4月も終わりましたね



ワンコと暮らしている皆さんは

ワクチン接種や、フィラリア、ノミダニ予防が始まるなど

忙しい時期になってきましたあせあせ(飛び散る汗)



中でも狂犬病の予防接種は大事です

これは法律で義務付けられています



それだけ、狂犬病は恐ろしい病気だからです



発症した場合の致死率は100%

人を含めた哺乳類が感染します

治療法は確立されていないので、予防に力を入れるしかないのです



1957年以降、日本にはない病気ですが

それは、飼い犬の登録と予防接種が義務付けられ

野良犬が徹底的に捕獲されたことで成り立っています



万が一、海外からウイルスが持ち込まれた場合

地域の70%以上が予防できていれば蔓延を防げると言われています


ところが、実際の接種率は40%に満たないと推測されるそうです



今でも、世界ではたくさんの人が狂犬病で亡くなっているのです


もし、外国からの船に感染した小動物が紛れ込んでいたら

もし、飛行機の検疫の書類に間違いがあったら・・・



愛犬のために、地域のために

みんながきちんと約束を守ることが大切です



ただ、しっかり体調を見てあげることも忘れないで下さいねひらめき


体調の悪い子、病気治療中の子は獣医さんに相談しましょう

接種できないと判断された場合は証明書を書いてもらうこともできるはずです





ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


posted by oreoreo at 00:30| Comment(0) | マメ知識

2013年01月07日

癒しとは


なぜ、動物を見ていると、動物に触れていると

癒されるのでしょうかぴかぴか(新しい)



昨年参加したシンポジウムの中で心に残った講演のひとつに

こんなお話がありました。



かわいい

人が二足歩行をするようになってから現代までの長い長い歴史の中で

家畜やペットとして動物と一緒に暮らすようになったのは

ほんの短い時間に過ぎません。


その多くは、地球という環境の中で同じ時空を超えてきた関係

つまり

人にとって動物は食糧でもあり、自分をねらう敵でもありました。

また、環境の状態を知らせてくれるバロメータでもあったのです。


動物がくつろいでいる様子から

そこが外敵もなく気候も安定した場所であることがわかります。

そんな場所であれば人は自然と腰を下ろして休息をとるでしょう。


動物がざわついていたり恐れおののいていたり傷を負って苦しんでいれば

そこは人にとっても危険な場所であることを伝えています。


人と動物はこのように影響し合う関係にあったのです。


だから

動物が劣悪な飼育環境にいたり、病気やケガで苦しんでいると

人はストレスを感じますが

健康で良好な環境にある動物を見ているとホッと気持ちがほぐれるのです。

この状態が癒しです。

かわいい




私たちは動物に対し、“かわいい”とか“大好き”

という感情を持ちますが

癒されるという気持ちはもっと本質的なところから生まれてくるのですね。



寒さに震えて丸く縮こまって眠っている

逆に暑さで息も絶え絶えでぐったりしている

いつもお腹を空かせてガリガリに痩せている

ケガをしているのに治療をしてもらっていない

不潔なケージの中で体が汚れている・・・



このような動物を見て癒される人なんていません。


毛玉だらけの背中を撫でても気持ち良くはないでしょう。

ビクビクしているのに無理やり触ってもちっとも楽しくありません。



人にとっても動物にとっても

すごく不幸なことだと思います。





では




足を思い切り伸ばして横になっていたり



DSCN1312.JPG




無防備にお腹を出してすやすや眠っていたり



DSCN2308.JPG




頭を撫でられて目を細めてる顔や



DSCN1425.JPG




抱っこされたまま眠ってしまう姿はどうでしょう。


DSCN2600.JPG



なんだか気持ちがホッとしませんか揺れるハート



バクバクとたくさん食べてくれる姿を見るのも私は大好きでするんるん


DSCN1247.JPG






人が愛情をかけて手をかけるほどに

動物はたくさんの癒しを与えてくれます。







動物がハッピーなら人もハッピーハートたち(複数ハート)
人がハッピーでいられれば動物もずっとハッピーでいられるのですハートたち(複数ハート)



DSCN2592.JPG





こんな素敵な関係の積み重ねが

かけがえのない時間という宝物になっていくのでしょうぴかぴか(新しい)





世界にひとつしかない宝物、手に入れて下さいねexclamation×2










犬の保育園Preseaについてはコチラ!

お問い合わせお待ちしていますわーい(嬉しい顔)






posted by oreoreo at 00:53| Comment(0) | マメ知識