2012年10月30日

フィラリア予防


あと1日で10月も終わりですね。


ちょっと時期はずれな質問と思われるかもしれませんが

ワンコと暮らしている皆さん

フィラリア予防は続けていますか?



フィラリアは、蚊に刺されることで感染します。


まったく蚊に刺されないのであれば問題ないのですが

それはまず不可能でしょうあせあせ(飛び散る汗)


お散歩で刺されることもあれば

室内にも蚊は入ってきます。


蚊といえば、夏の風物詩のような感じがしますが

意外とこの時期でもまだまだ頑張ってますよね。


油断は禁物です。


せっかく夏の間頑張って予防していても

ここでやめてしまっては水の泡になってしまいますたらーっ(汗)

もう少し、頑張って下さいね手(グー)



最も一般的な口から入れるタイプの予防薬は

とにかく毎月忘れずに飲ませることが大切です。


今刺されて感染したものは翌月の薬で殺すわけです。

なので、もうそろそろ蚊はいなくなったかな〜と思ったら

その1ヶ月後に最後の予防薬をあげて今シーズンは終わりです。


少なくとも11月まで

できれば12月までは続けるのが安心だと思います。

 ※あたたかい地方ではもう少し増えるかもしれません。



予防薬にもいろいろなタイプがあります。

どれを選んだら良いか、いつまで飲ませれば良いか

獣医さんに相談してみて下さいね。



そして次の予防シーズンの始めには

感染してないかどうか念のため血液検査をしてからの方がいいですよ。

(感染している犬に薬を投与すると突然死することがあります。)

ついでに健康チェックもできますしるんるん



病気は予防できるならそれに越したことはありません。

かかってから治すよりお金も時間も全然少なくて済みますから

なにより、かわいい愛犬に辛い思いをさせなくて済むのですから犬



ポチっとお願いしますわーい(嬉しい顔)
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村





シャイン.JPG




犬の保育園プレセア11月29日オープンです。


















posted by oreoreo at 00:18| Comment(0) | マメ知識

2012年10月08日

ヒゲのはなし

犬のヒゲには役割りがないから切ってもだいじょうぶ。

そういう話はよく聞きますね。

何でもいろいろな考え方があるものですが

私は、犬のヒゲにも役割りがあると思っています。


役割りその1【目を守る】

犬のヒゲを触ると、まばたきするのを見たことがありますか?

犬は、ヒゲが何かに触れた時、反射的に目を閉じる仕組みを持っています。

犬は草むらなどに入る時、そういう所でニオイを嗅ぐ時

ヒゲセンサーでまばたきしながら、目を守っているんです。


役割りその2【情報をあつめる】

犬は動くものを見るのは得意ですが

視力自体はあまり良くなく、近くのものが見えにくいとも言われます。

(サイトハウンドというバツグンの視力で狩りをする種類の犬は別ですが)

そして、人よりも見える「色」の種類が少ない。

そんな中、ヒゲはいろいろな情報を犬に伝えます。

空気の流れで前に何かがあるのをはっきり分からせてくれたり

その変化を知らせてくれます。

また、見えにくい口元のものを取る時にも、ヒゲの感覚は役に立っています。

状況によってはヒゲがないと、犬が自信をもって歩けず

ストレスを感じることもあるようです。


役割りその3【バランスをとる】

人もそうですが、犬も体のバランスは大切。

バランスが悪いと、心身ともに不健康になることがあります。

ヒゲは、体のバランスをとるのにも役立っています。



小さいことでも、意味を考えてみると面白いものですねるんるん


RIMG0082 (2).JPG


Presea「プレセア」ってどんな意味?







posted by oreoreo at 00:15| Comment(0) | マメ知識